« 暇行き的旅レポート〜熊野古道 | Main | 春なのか?そうなんだな!? »

暇行き的旅レポート~熊野古道つづき〜

・・熊野古道アップする前に急遽屋久島に行ってきました・・
時間ズレズレですが・・

さて、
なぜ?プレスツアーに??・・というと
「やくしま森祭り」に、一度お会いしただけで
「乗った!!」と快くご協力いただき、
その後、古くからの友人のようなシンパシーで
一緒に美味いものを食べたり、楽しく遊・・お仕事をしている
JALのF氏からお誘いを受けたので、楽しそうだな・・と、
気軽に参加をさせて頂きましたが・・
沢山の感動を頂きましたが・・

最高だったのはお食事!!

お仕事柄美味しいものをいただく機会も多く、
私はお酒が飲めないので楽しみは食事!!
けっこう食事は贅沢してるのですが・・
今回は参りました・・

何がって・・
一から十まで地元のお母さんたちの手作りなんですよ!!
これは普通では食べられません。

メニューは・・
手作りの山桃のお酒
あまご(川魚)の串焼き(地元の方が釣った天然物:目の前で炭火焼き)
鮎の甘露煮
宍汁(イノシシと根菜の味噌汁)
地元野菜の煮物
自生ふきのとうと山菜の天ぷら
エノキの酢の物
炊き込みご飯

・・給仕もお母さんたちがやってくれます。
たとえば宍汁は野菜からお味噌までが手作り!
これ、絶品です。

デザートには・・
目の前で臼と杵で突いたよもぎ餅
至れり尽くせり手作れり・・

これホントに至福の食事です。

さて、一泊ながら盛りだくさんなツアー・・
食事の後は地元の太鼓保存会の演奏や
遊びに来ていた留学生たちと遊び、楽しい一夜を・・
過ごしたかったけど・・腰痛がひどくなり・・ずっと苦笑い・・
国際的なダイナマイト・ギャグで会場を沸かせたかったのですが・・
殆ど無言で腰と話をしていました・・残念・・

さて、二日目のメインは・・
「小栗判官蘇り伝説」の舞台となった
『風呂の世界遺産』つぼ湯!!
・・をプレスの皆さんが取材中・・
私、ぽつんと離れ、93℃にもなる温泉の源泉に
卵や野菜を漬け込んで調理する「湯筒」で
ウズラの卵を温泉卵にしてました・・

美味しいね!!温泉調理!!

その後、みんなでお芋や高菜を湯がいて食べました・・

「湯筒」はつぼ湯のある河原にあるのですが、
河原の地面が温泉で暖かいの。

みんな地面に座り込んで楽しそう・・ですが・・
私・・地べたに座れないの・・しくしく
昨夜からすっかり仲良くなったプレスの方々と
車座になって座る綾子さんの後ろで立ちつくし・・
温泉卵を頬張る私は・・
遠足で一緒にお弁当を食べる仲間が見つからず
楽しそうなクラスメートを遠巻きにする子供のようでした・・

おやつの後の峠のお茶屋さんでお弁当。
見晴らしの良いお茶屋の縁側で食べるおにぎりの美味しいこと・・

「もう一世紀近く生きているのよ!」と元気に微笑む女将さんは
ビシッと化粧をし、着物姿でキチンと正座。
峠を下りて行く私たちをいつまでも見送ってくれました。

熊野古道を訪ねた今回の旅で心に残ったものは
熊野の人々の暖かさ。
そして人が重ねる年月が大自然に刻む小さな軌跡。

強力な温泉に入ったあとに筋肉が緩む腰の痛さ。
「座れない」孤独感。

いや、ほんと、楽しい旅行でした。
羽田から1時間で着いちゃうところがまたいいし。
熊野の里の人々の暖かさは元気をくれます!
おすすめします!!

|

« 暇行き的旅レポート〜熊野古道 | Main | 春なのか?そうなんだな!? »

Comments

だから~腰痛には鍼灸だってば!

長引く痛みに比べたら、一瞬ですよ鍼治療は。
それに、上手な鍼灸師は無駄な鍼を打ちませんので
思ってるより全然痛くないですっ!


もう二度と申しませんが。


Posted by: reiji | March 20, 2008 at 02:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28692/40560605

Listed below are links to weblogs that reference 暇行き的旅レポート~熊野古道つづき〜:

« 暇行き的旅レポート〜熊野古道 | Main | 春なのか?そうなんだな!? »