« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

絵画の伝えようとするもの

071125_214801
 
 
 


この写真は三宿の某ラ・○△◇の地下で
食事をしている席の真正面に飾られていた絵画です。
 
 
否応なしに目に飛び込んできた異様な絵画・・。

荒れた室内は戦時の荒廃と緊張を醸します。
銀盆に据えられた首は女性の愛する人なのか・・
それともやっと討った敵なのか・・

女性は放心とも達成ともとれる能面のような微弱な表情を浮かべています。
はだけた衣服は悲惨な陵辱の後なのか?
固く握りしめた後、少しだけ開かれた手のひらは何を語っているのか・・。

食事の手を止め、つい周りの人々に問いかけてしまいました。
「この絵はどんなシチュエーションなんだろうか・・?」

席は一斉に絵に視線を集めます。

私の右隣から真っ先に声が上がりました。

そうです。ノガワくんです。
 
 
 
『ポロっといっちゃったんじゃないすか?』
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・胸しか見てないのかおまえは!!
 
 
席の視線は一斉にノガワくんに注がれます。
心の声はもちろん「えええ〜〜っっっ!?」

周りの空気を察したノガワくん、
焦って絵を見直します。
『あ!首だ!!』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真の絵画の下に写っているのは・・
ノガワくんの正面に座っていた
よういちくんの絶望の表情です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そして・・(バーベキュー当日)

ねぼうしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いや普通に重いって!!

明日はリア主催の屋外バーベキュー大会 in 極寒です!!
・・寒いど・・きっと。

先日遊びに行ったときに誘われました。
なんでもノリの秋田の実家から新鮮な海の幸が・・
これでもか!!・・と届くそうで・・
こぅれでもかぁ!!・・と届く・・
こぉうれでもかぁい!・・と・・もういいですね。

海鮮バーベキューということでしたので・・
「お肉は??」と聞くと・・
『ああ・・用意してないんだけど・・みんな食べたいかな??』

そーかそーか・・よしよし・・
なぜか昔からリアには甘い私です。
「じゃあ、俺が肉は差し入れしてあげるよ!」
『ほんと!?悪いね〜・・』

・・などと和やかに時は過ぎ・・

明日にバーベキューを控えた今日・・
作業中のスタジオにリアから電話がありました。
『ねぇ・・ホントにお肉任せちゃっていいの??』
「あーまだ買ってないけど・・いーよ!お肉は俺が・・」
『ホントにありがとう。すみません。』

?・・
いつになくしおらしいな・・
まぁいいや。
かわゆいリアとノリとイリだから・・
奮発して和牛の霜降りかな!!
おじさん的にはかっこつけるから・・
オージーとかは無いよね・・あ、そだ。

「あ、そういえば何人前くらいあればいいの??お肉」
『う〜んとね〜・・40人分』

よっ・・よんじゅっ・・
「あ・・あ〜そ〜・・わ、わかった・・じゃね!・・」

40人分??
一人300gだと何キロだ??
・・12kg???
・・持てないよ。普通に・・

一人頭100gぐらいでいいのかな・・
海鮮いっぱいあるしね!!
・・っても4kgか!?

肉の4kgって・・それくらい太るのはすぐだけど・・
和牛って100g7〜800円くらいするよな・・
・・・

・・

最近美味しいらしいし!!
オージー!
オージービーフ!!
安全だし!
クリスマスは夏だし!
マッドマックス発祥の地だからいいか?・・いいや!!

4kg規模になると・・
スーパーじゃムリだよな・・
ハナマサか!
ハナマサだわ!これわ!

ノガワくんに手伝ってもら・・何??実家??埼玉??
not usable!!!

三茶にハナマサあったな・・
スタジオ終わったら行くか・・

午前12時30分
あ・・あんまり焼き肉用の肉無い・・
いいや!混ざっても・・似たような牛肉入れて・・
よし!約4kg!!!

なんかここへ来て凝り性がムクムク・・

市販の焼き肉のたれはきついから・・
赤ワインでのばして野菜を漬け込むか!!

あ、ニンニクとコショウと醤油で下味だな!肉に!

にんじんと・・タマネギ・・お!下仁田ネギ!!
・・なんか楽しくなってきた!!

肉を入れるタッパー・・
・・4kg入るのなんかあるか??・・あった!!
でかい!!何??8リットル??
あ〜米とか入れるやつだな!!しめしめ・・

・・

・・それから2時間・・
やっと仕込みが終わりました・・
にんじんは少し火を入れて味が染み込みやすくしたり・・
赤ワインは一度わかして温かいタレを肉に染み込ませたり・・
味見で酔うし・・

一人で40人前の焼き肉を漬け込んだ私・・
明日が楽しみだなぁ・・

ブログ書いてないで早く寝ればいいのになぁ・・俺

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日々の機微


屋久島ボケから立ち直り・・
制作の日々が続いています。

昨日は久しぶりに明け方まで作業・・
みんなの晩ご飯から夜食・・デザートと
出費がかさみました・・

最後はスタジオに独りで籠もり、作業をし・・
何とか明るくなる前にスタジオを出たのですが・・
その時はすっかり忘れていたのです。
財布に千円札が4枚しかないことを・・

個人タクシーに乗り込み帰宅途中・・
「あ、家に食べ物何もない・・」と気付き
「運転手さんすみません、コンビニで止めてもらえますか?」
・・家の周りは12時までしかやってないコンビニがあるだけなので・・

レンジでチンするご飯と・・お!十穀米なんかある!いいね〜
朝用にサラダと・・
あ、なめ茸買っておこ!
あとウィンナーと・・卵・・
寝しなに小腹を納めるスープと・・
・・運転手さんにコーヒー買ってあげよ!

『1740円です!』

はいはい・・
あ!!!!しまった!!!
4000円しか無いんだった!!!
・・もう引っ込みもつかないし・・
残金2260円か〜
タクシー代足りるかな・・?

キャッシュディスペンサーでキャッシングするか??
ああ・・3人も並んでる・・

いいや!いけるとこまで行くか!!

タクシーに乗り込みます・・
家まで約1.5kmといったところか??
乗ったときの運賃・・1770円・・

裏道の坂道を上り・・1930円・・

大通りに出る・・・・2090円・・

この胸のドキドキ・・プライスレス・・

やった!家の前に続く路地を・・右折!!・・2250円!!

足りた!!

何事もなかったように・・
「あ、そこの突き当たり左に折れたところで・・」

・・家が見えてきました・・
ホッ・・・カチャン(イメージ音)・・2330円・・

・・・・・タクシー代が足りない惨めさ・・プライスレス・・
 
 
あ!!!!ダーツやった残りがポケットに・・・
・・あったか?・・こっちか?・・
・・・・・
 
 
100円あったぁ!!!!!!!

持ち金2360円!!!

何事も無かったように・・
「あ、ここで・・お世話様・・え?コーヒー?いえいえ」

あ・・あぶなかった・・

・・あ・・空が白んできた・・
今日も晴れそうだな・・
 
 
 
そんな風に明け方に佇む私でした・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳噛んでます。

糸井重里さんの「言いまつがい」を買ってみました!

面白いです。
「でっこんでる」とか・・
「彼は部長の二の腕だからね〜」
「逆送の発展」(逆転の発想)
とかね・・

面白いんですけど・・

うちにはノガワくんがいるので・・
はっきり言って敵じゃないです。
糸井さん。

太刀打ちできるとしたら・・
三宅裕司さんの奥様くらいでしょうかね・・
いま調べてみたら。。
おかしいわ。
負けてる・・ノガワくん

三宅さんのお宅で近所の奥さん達と料理教室を開いたとき、
たまたま顔を出した三宅さんを、奥さんが指さして
「あそこが立っているのがうちの主人」
近所の奥さん達の目は一斉に三宅さんの下半身に!
「あそこに」を「あそこが」と言い間違えた。

電話で家族旅行のホテル予約をして、
「ベットインは何時ですか?だからベットインの時間ですよ!」
と大声で尋ねる奥さん。もちろん「チェックイン」のこと。

子供達を座らせて、「人という字を見てごらんなさい」
耳を傾ける息子と娘。 「ちょっと、猫の口に似ているでしょう」

すごいですね・・

ノガワくんにももっと頑張っていただきたい!!

・・で最近のノガワくん。

インターFMのスタッフの方々と鍋を囲んだ時のこと・・
おやびんの吉田さん宅でこだわりの「水炊き」「すきやき」2本立て。

「なるほど!」と思ったのは・・
すきやきに「ちくわぶ」!!
あの甘みを吸い込んだ小麦粉は最後の「うどん」を彷彿とさせつつも・・
そこまで重くなく肉食を楽しみながら「うどん」の雰囲気を楽しめます。

一同「おお!」と感心する最中・・
「ちくわぶ」をじっと見つめるノガワくん・・
 
 
・・・・・・「しなちく??」
 
 
一同「ええええええ??」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・「ちく」しか合ってないじゃん・・

「あっ!あっ!」と焦るノガワくん。
『ちくわぶでしょ〜〜』のつっこみに
「そうだ!ちくわぶ!ちくわぶ!・・
・・・「しなちく」ってなんでしたっけ??」

お〜ち〜つ〜け〜

もちろん汗びっしょりでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

今日は夜半からリアの家に遊びに行ってきました。
正確にはリアとノリの家。
厳密にはリアとノリとイリの家。

リアとはもう6〜7年くらいのつきあいで・・
妹のように思っていたら父親のように思われている割に・・
いつも話で噛みつかれて・・
・・・「傘立てだって生きているかもしれない!!」とか・・
「魔女」は女性蔑視だ!!・・など・・
話の内容より「噛みつく」ことが重点だったように思いますが・・しくしく・・

最終的には私も既成概念の殆ど存在しない彼女の私見を
かなり重要な指針として考えている。
そんな間柄なのですが・・

去年の森祭りに「Sara de Patti」として出演した彼女が屋久島で・・
彼氏もいないのに「私、今年の6月1日に結婚する!!」と突然言いだし・・
その2ヶ月後に出会った彼氏:ノリの子供を授かり・・
結婚式を挙げたのが今年の6月2日。

そして、9月の23日にイリ(衣璃)が誕生しました。

森祭りでテンテンテンてこてんてこ舞いだった私は・・
今日ようやっと姪ッコだと思ってたらおじいちゃんと思われる存在
イリに会うことが出来ました。

・・初対面の感想は・・

かわいいからいきなり頭からかぶりついてやりました。
ガポッって。

初対面の記念に・・
イリが生まれる前に池田綾子さんがリアに贈った
3本のキャンドルに火を灯しました。
 
 
Photo

写真左の3本のキャンドル。

綾子さんはこのキャンドルをリア・ノリ
そして生まれてくるイリ
3人のイメージを色で選んだそうです。

一番背の低いのがノリのキャンドル
グリーンと辛子色のグラデで「木」のイメージ

中くらいのリアのキャンドルは赤とピンク
「火」のイメージ

そして一番手前の一番背の高いキャンドルがイリ。
ブルーを基調とした「水」のイメージ

だったそうです。

3本並べて見てみると・・逆に・・
背の高いお父さんのキャンドル
中くらいで赤いお母さんのキャンドル
小さな子供のキャンドルに見えるのですが・・

考えてみると・・命を現すものとしてキャンドルが用いられるので・・
一番長いキャンドルがイリのキャンドルで良いんじゃないか??
という話で落ち着きました。
火が点いたばかりの長いキャンドル・・
ゆっくりいろんなものを照らして燃え続けて行くのですよ。

・・一番手前の極端に短いの・・私ですかね・・

・・こういう話好きなんですよねw
 
 
ちなみに・・
ノリ・リア・イリ の家族ですから・・
これから生まれてくる子供の名前も容易に想像できます。

次の子は・・
長男:リウ

そして・・
次女:エリ
3女:リオ
4女:リカ
次男:リキ
3男:リク
ケリー・リコ・リサ・・・女の子が多いな・・
シリ?リス?セリ、これはあるか・・
・・・・・

さてここで問題です!

末っ子の名前は何でしょうか??
 
 
・・・正解は・・
 
 
(もう)ムリ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

便利便器大戦

え〜、最近は何でもかんでも便利になってまいりまして・・
特に最近のトイレはね・・
入るとパッと電気が付いたり・・
換気扇や脱臭器が回り出したり・・
ちょっと驚きますけれども・・

この前ね、九州からお客さんが来てて・・
ご接待して新宿で飲んだりしたんですけどもね。
海鮮居酒屋なんて・・オシャレなとこで。

ノガワ君に店のセッティング頼んだら
カラオケボックス予約しちゃったもんだから・・
大あわてで探した割には良い店で・・

氷の上に並んだ魚を選んで焼いてもらったりしてね。
ちょっとおつな店で。

なんでも最近出来たそうで、値段の割に店も綺麗で良いんですけれども・・
トイレがね!そう全自動で。

入るとパッと電気が点いて・・
「ウィーン」とか言って便座が空くんですよ・・
スタジオとかには良くあるんですけどね。
居酒屋では初めて見た。

『お!やるな!』なんか言いながら・・
チャックを開けただけでは用が足せないローライズ下ろして・・
用を足していたんですけども・・

入るときはもちろん気がつかないんですが・・
便座が閉まるのもセンサー対応みたいで・・

・・それがちょっと調子がよろしくなかったみたいで・・

じょぼじょぼと用を足してたら
「ウィーン!!」って閉まってくる!!

『うあわぁ!!』とか声にならない叫び上げましてね・・
とっさにこう・・こう、腰を落としてね・・
なんとか時間稼ぎながら『ピッ』っと止めるわけですよ。
・・ちょっと痛いんだよねあれ・・

何とか事なきを得たんですが・・
用足しは事なきを得ていなかったので・・まだ・・
残○感・・ってやつですよ・・。

『焦った〜〜・・』と思いながら・・
リモコンで「便座を上げる」ボタン押して・・
続きの用を足そう・・じょぼじょ・・
「ウィーン!!!」ってまた下がってくる。

『このやろ!!!』
っと軽快に腰をかがめつつ・・『ピッ』・・
・・いたた・・

短時間熟考・・

『押さえるか??』

「便座を上げる」ボタン「ウィー・・」
っとすぐに「ウィーン!!!!」と下がる・・

こにゃろ!!「便座を上げる」ボタン「ウィー・・」
またすぐに「ウィーン!!!!」

ちくしょ・・と思ってたら今度は
「ウィーン!!!!!」と上がる。

・・・・・・・・・・・・・・
閉まんない・・な・・?
大丈夫・・だな・・?

よし・・続きを・・
・・・(待機中)・・・
大丈夫だな?
・・・・・・・・・・・

よし!!!
じょぼ・・「ウィーン!!!!」
ちくしょ!!!と便器つかむ!!

じょぼじょぼじょぼ・・・
便器抵抗する!!
「ガ・ガ・ガ・・・」
じょぼじょぼじょ・・ぼ・・じょ・・
・・便器・・なすすべもなく中途半端な位置で止まる・・

「ふぅ〜・・・」

・・・戦いには勝ったものの・・

便器が「やめて!!しないで!!やめてぇ!!」
と言ってる気がして・・

なんでこんな後味の悪い想いを??

| | Comments (1) | TrackBack (0)

やくしま森祭り後記1

今日は石井さんのオフィスにお邪魔してきました〜
屋久島の焼酎が届いたので・・
「やくしま森祭り」に協賛していただいた
本坊酒造さまからのプレゼントでっす。
ノガワ君が和紙でラッピングをし・・
綾子嬢がグリーンハートのメッセージカードに
「やくしま森祭り ありがとうございました!」とあります。

手にした石井さん・・満面の笑みで
「ほんっっとに手作りなんだね!」
音楽を始め、映画やアート・・
数々の作品をクリエイトし、
20年以上トップを走り続ける石井大センセイ!
手作り感にニヤッとしつつも
屋久島での手作りイベントに
愛情も感じて頂いているように思いました。

屋久島を発つ空港で石井さんにいろいろなお話しを伺い、
森祭りにもいろいろなアドバイスを頂きましたが・・
「しかし、このイベントで一番得をするのは
ステージで歌うアーティストだね!」
と声をかけて頂いたときは・・ちょっと胸にこみ上げるものがありました。

石井さんの大きさで「やくしま森祭り」は深みを増すことが出来たのだと思います。

本当にありがとうございました!
先生!!来年も是非!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

久しぶりの会社

やくしま森祭りのこと・・
いっぱい書きたい事があるんですが・・
「早く書かなきゃ!!」とか思うと・・
何にも浮かばなくなるので・・
終わった直後でその素晴らしさに酔いしれ、余韻に浸りながら書こう!という真っ当な考えは捨てました。
またゆっくり書こーっと。

今日は久方ぶりのminkちゃんの作業でした。
来週のレコーディングに向けての準備なので早めに終わり・・
会社で時間が空くなんぞは・・なかなかないので・・
「暇」の本領発揮して書いてます。

しかも長寿庵に「力うどん」を注文しての待ち時間・・
minkちゃんは帰っちゃいました。
エンジニアのヨッシーはダーツの練習・・
コガPはメールなどしてゆっくりしてます。

お!今、池田綾子がラジオの放送終わって会社に来るそうです。
え?天丼??・・・はいはい。注文しときます。
ラジオが楽しかったらしく、上機嫌・・

この後、オサムPと打ち合わせになるので・・
多少時間もつぶさなきゃな人生ですが・・
こういうポカンと空いた時間に思いついたことで
次の行動が決まる・・
それが「暇」を生きるということですが・・

おそらく60億人中59億9999万9999人は
「それがどうした」と思っていらっしゃらっしゃら・・

お!「力うどん」来た!

うまいな・・もう冬だな・・
この「たぬきうどん感」が・・いいな・・
でも「たぬきうどん」だと・・さびしいから・・餅・・うまい・・

あ、池田綾子さんも来た・・
天丼それね。
え?「天丼っていろんな天ぷらが入ってるの?」って?
・・海老だけの天丼で育ったのね・・
ブルジョワね・・

あ、コガPに屋久島土産の焼酎あげよう。

・・焼酎といえば・・
2年前に鹿児島でもらった焼酎を・・
その時留守番していたアシスタントに無造作にあげたんだけど・・
「ごくろうさん!」なんつって・・

一昨日鹿児島の人にその焼酎が「魔王」という貴重なお酒の・・
さらに原酒でかなりの貴重品で・・
東京では7〜8万円くらいで取引される焼酎だったと聞きました・・

でも、お酒飲めないから気にしなし!!

オサムPは焼酎にうるさいから話だけしてうらやましがらせようっと!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

森祭り〜完全なる私見

いやぁ・・
疲れのとれないお年頃です・・

「やくしま森祭り」・・綺麗でしたよ今年も。

綾子嬢のブログや、参加していただいた方のブログなどで
もう沢山描き出されておりましたが・・
美しいキャンドルの輝きや
参加してくれたアーティストの音楽が
森を照らし、人の心とコネクトして行く瞬間を見ました。

10月中のスケジュールの殆どすべてを
このイベントに照準を合わせてきたので・・
終了後はしばらく腑抜けな状態でした。

屋久島は美しいだけではなく、
コネクトした人の心を
楽しい部分も、苦しい部分も
表面に明らかにしてしまう
そんな力があるような気がします。

音楽やものを創る、産み出すこと
例えば日々の糧を得るために働くこと
自分のために、人のために、人とつながること
人を愛することや憎むこと

すべてに楽しさと苦しさ、光と闇が混在します。

人はその時々、自分の求めるように、
または忌み嫌うように、
光と闇を錯覚します。

それが醍醐味でもあるのだけれど、
沢山の理屈や言い訳を自然に排出して行きます。

そんな人間の機微を
キャンドルの火でも吹き消すように
フッと吹き飛ばされてしまいます。

正直に自然に向き合うと
吹き飛ばされたモノクロの心の中に
本当に求めるものや、
今までの自分の足跡が
虚飾や彩りなしで露わにされて
目の前に突き出されるような感覚に陥ります。

そして静かにそれを受け入れることで
次の道筋が見えてくる。

去年から感じていたことです。

それが何なのかは言葉に出来ません。
ただこれからの自分の道筋が見え
それに沿う自分を想像すると
どこからか「ふふっ」っと
微笑まれているような気配を感じます。

それを静かにずっと、そしてボーッと見つめていた
そんな一週間でした。

きっともう生まれてきているのかもしれません。
来年の祭りも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »