« はじめました。 | Main | 新規格CD企画!もっと大きく!ばかばかしく! »

ミスゴブリン物語

2004年はミスゴブリンで始まってミスゴブリンで暮れた一年でした・・。

彼らが表現者として悩み、苦しみ、そして喜んで、時には狂って、自分たちの音楽表現「レビュー」というスタイルとあのパフォーマンスを産み出してゆく横顔を見てきました。
今回はこのブログをはじめるきっかけを頂いたミスゴブリンについて語らせて下さい。

彼らとの出逢いはその前年、私の古巣でもあるミスゴブリンの所属事務所の社長からのご紹介で、一緒に音楽&エンターテインメントを作り上げて行く仕事を承ったところからでした。

第一印象は音楽業界にはあるまじき真面目で熱心な好青年バンド。
それまではインディーズでレトロ・ロック風味なバンドとして活動していた彼らですが、メジャーデビューを控え、新しいスタイルを模索しているところでした。

「全く退屈しないライブステージは作れないものだろうか?」彼らの表現の欲求はそこにありました。
発想はまったく単純で純粋な想いですが、一瞬の隙も作らずに観る人の心を奪い続けるということはエンターテインメントの世界でもかなり難しいことです。

彼らは以前から関わってきた演劇のパフォーマンスを最大限に応用して活かし、楽曲への導入、つなぎ、曲間そして曲終わりからライブ終了までをパフォーマンスで埋め尽くし、しかも「音楽のライブである満足感」をお客さんに持って帰って頂くという離れ業に挑戦したのです。

サウンドプロデューサーに元ピチカート・ファイブの髙浪敬太郎氏を迎える事が出来たのは彼らの僥倖でした。
彼らの意図を誰よりも深く理解し、パフォーマンスとリンクして行く音を幾重にも重ね、あのラウドで「かっこいい」としか言いようのないサウンドを構築してミスゴブリン・レビューの骨格を作り上げてくれました。

30分のライブ=レビューを組み立てるのに10数回の会議、打ち合わせと何日ものリハーサルを費やして行きます。
深夜まで汗だくでリハーサルを続ける彼らに周囲の大人がどんどん巻き込まれて行きました。

トータルデザインを手がけるミワの手によってステージ衣装や舞台小道具の細部に至るまで彼女のセンスが浸透してゆき、それが予想以上の華やかさとなってミスゴブリンの世界を彩ってゆきました。
そしてそれが2003年10月から始まった彼らの「レビュー」のイメージを決定づけたのだと思います。

こうして何度もステージを重ね、練りに練り、磨き上げていまのミスゴブリンの「レビュー」が完成し、そして彼らの作り上げた「レビュー」がそのままミスゴブリンのアーティストコンセプトになっていったのです。

2004年12月31日〜2005年元旦・・・ミスゴブリンと年を越すとは思いませんでした・・。
「音箱!登龍門」でのあの華やかなステージの第一歩はこうして胎動をはじめたのだったんでした。

次回はレコーディング裏話・・かな。

|

« はじめました。 | Main | 新規格CD企画!もっと大きく!ばかばかしく! »

Comments

拝見してますよ〜。
裏話ガンガンいっちゃってください!
いや、やっぱり、ほどほどでお願いします!

Posted by: カサギマナブ | January 23, 2005 at 12:47 AM

うわぁい!コメントだぁ!
ありがとうね!鋼志!ミワ!
・・・あれ?リーダーは?

Posted by: 北村岳士 | January 21, 2005 at 02:40 AM

おやまぁ、意外なオープン、おめでとうございます。
楽しみにお気に入りに登録しておきますね!
北村さんの語る「暇」。とても興味があります。
いいタイトルだなぁ。。。

Posted by: 正木鋼志 | January 19, 2005 at 03:23 AM

ブログ始めたんですね☆
これから楽しみ〜っ★

Posted by: ミスゴブリン ミワ | January 18, 2005 at 07:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28692/2578923

Listed below are links to weblogs that reference ミスゴブリン物語:

« はじめました。 | Main | 新規格CD企画!もっと大きく!ばかばかしく! »